PCR 等無料検査 Q&A

長崎県では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、無料の PCR 等検査を行うことが発表されました。

当薬局でも検査を受け付けています。

 

発表されてから、お問い合わせを多くいただいていますので、こちらで概要をお伝えします。

※1月23日から新しい制度が始まることが、長崎県から発表されました。このページで示している内容は、以前の内容です。 

◯制度の概要はこちらから

長崎県のホームページ内に説明が掲載されていますので、まずは、その内容をご確認ください。

「感染拡大傾向時の一般検査事業にかかる無料検査実施場所」

 長崎県 感染拡大時.jpg

※この画像は、長崎県のホームページに掲載されています。まずは、そちらの内容を必ずご確認ください。

 

◯期間:令和4年1月7日(金)から令和4年1月31日(月)まで

 

◯対象:「無症状の方」「長崎県内にお住まいの方」

※ご住所が確認できる身分証明書をお持ちください。

 

 

◇よくご質問いただく事項◇

 

【PCR 検査】について

 

Q. 検査結果はいつわかるのか?

A. 【PCR 検査】翌日に結果をお伝えします。(14:00頃(17:00頃)

 検査結果は、受検される方が希望される方法でお伝えします(メール、薬局店頭での受け取り、郵送)

※金曜日に受検された場合、メールでの連絡は月曜日になります。ただし、薬局には土曜日に連絡が来ますので、来局していただける方には、土曜日にご連絡できます。(こちらの※の記載内容は、1月11日に検査会社との確認後に追記しました。)

※検査数が急増しているため、結果をお伝えするまでに時間がかかりますことをご容赦ください(1/12追記)

 

 

Q. いつでもできるのか?

A. 【PCR 検査】検査会社に検査を依頼しますので、平日の9:00〜14:30頃までのみ、PCR 検査を受け付けています。

 

 

Q. 予約は必要なのか?

A. 【PCR 検査】長崎県からのご案内通り、予約は不要です。ただし、準備している検査キットの数に限りがありますので、事前に、ご連絡いただけると、スムーズに検査をご案内することが可能です。

 また、検査前に注意してほしい説明事項がございます(「検査前にしてはいけないこと」があります)。それに該当する場合、検査するまでお待ちいただく可能性もありますので、事前にご連絡いただくことをお願いいたします。

※検査をご予定の方は、事前にお伝えしたい事項があります。また、申込書などもありますので、「検査の事前説明」のページとご一読いただき、ご用意いただくと、当日、スムーズにできるかもしれません。

 

 

Q. PCR 検査はどのようにして行うのか?

A. 【PCR 検査】唾液検査です。検査を受ける方ご自身で、唾液を採取して、検査容器に入れていただきます。

車の中や、薬局内のついたて内のスペースなどで行います。

2655930.png

 事前にお問い合わせいただきご希望の方には、手順を書いた書類をお送りしようと思います。もし、すぐには検査は必要ないが、検査方法が知りたい方もご連絡ください。対応いたします。

 薬局の公式 Line(こちらから、友だち追加できます→https://lin.ee/pNOVTtH) からお問い合わせいただくか、このホームページの「お問い合わせ」から、ご連絡いただいても結構です。

 

 

Q. もしかすると、陰性証明書が必要になるかもしれないが、その場合も対応は可能か?

A. 【PCR 検査】はい。陰性証明書は、検査会社から発行可能です。

<注意点>ただし、陰性証明書には有効期限「検体採取日+3日間」があります(検査後に感染する可能性もありますので、いつまでも陰性を証明することができないためです)。

陰性証明書が必要な日から、逆算して検査の予定を立てる必要がありますので、その旨、ご相談ください。

 

 

Q. 子供でも受けられますか?(1/15記載)

A. こちらの無料検査所では、ご自身で唾液をとって、検査容器に入れ、封をしていただきます(自己採取)。それをお預かりして、検査会社に検査を依頼します。

そのような操作がご自身でできる方でしたら、検査を受けていただくことは可能です。

小さいお子様は、かかりつけ医にまずはご相談ください。

(綿棒での検体採取は、こちらではできません)

 

 

Q. 平日には検査を受けに行くことができない

A. 【PCR 検査】今回の長崎県の制度では、薬局で検体をとっていただくことが基本ですので、平日の午前から昼過ぎまでのみの受付です。

 この制度以外の方法であれば可能な方法もあります。

 →当薬局では、簡易検査(抗原定性検査)であれば、夕方や土曜日にもご案内できます。その場で判定し、薬局から「検査結果通知書」を発行いたします。

※無料検査場所によって受付時間は異なります。夜遅くまで受け付けているところや、土曜日も受け付けているところもありますので、そちらにお問い合わせください。(→長崎県/無料検査実施場所

 

 

Q. PCR 検査を受けたあとは、どう過ごしたら良いか?

A. PCR 検査結果がでるまでには時間がかかります。

結果がわかるまでの間は、外出を控え、人との接触を避けましょうまた、家庭内での感染対策に努めましょう。

ご参照いただきたい資料がこちらです。

長崎県 >新型コロナウイルス感染症かな?と思ったら

 ・PCR 検査を受けた人へ_検査結果が出る前にできること(PDF)  ・・・画像の下のリンク先のところにあります

厚生労働省 >ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 家庭内でご注意いただいたいこと 〜8つのポイント〜

 

 

Q. 検査を受けてから結果がわかるまでの流れ(1/14記載) 

A.

【1日目PCR 検査:受付(薬局で検体預かり) →検査(検査会社に検査を依頼)

【2日目夕方】 検査会社から薬局に、結果の連絡が届きます。→薬局から検査を受けた方へ電話します。

 ・(来局して結果報告を希望の方)薬局からご本人へ電話連絡。

    →「検査結果」と「結果報告書」(薬局作成)をお渡しできる状態にご準備しておきます。

 ・(メールで結果報告を希望の方)薬局からご本人へ電話連絡。

【3日目10時頃】 検査会社から薬局に、証明書が届きます。

 ・(陰性証明書が必要な方)※薬局でも印刷可能です。

 ・(メールで結果報告を希望の方)検査会社からメールが届きます ※事前にテストメールが必要※

※証明書は、薬局で検査報告を見て作成する「結果報告書」と、検査会社が作成する書類と二通りご用意できます。薬局作成分は、検査の翌日にご準備できます。

 

Q. 結果は何時くらいにわかるのか?(1/14記載。以降、順次更新)

A. 検査件数の急増に伴い、時間がかかることがあります。

参考までに、これまでの状況をお伝えします。表記の時間に、検査会社から薬局に連絡がありました。

 1月  7日(金)検査→1月  8日(土)15時頃 結果→1月11日(火)10時頃 証明書

 1月11日(火)検査→1月12日(水)17時頃 結果→1月13日(木)10時頃 証明書

 1月12日(水)検査→1月13日(木)15時頃 結果→1月14日(金)10時頃 証明書

 1月13日(木)検査→1月14日(金)16時頃 結果→1月15日(土)9時頃 証明書

 1月14日(金)検査→1月15日(土)16時頃 結果→1月17日(月)10時頃 証明書

 1月17日(月)検査→1月18日(火)17時頃 結果→1月19日(水)10時頃 証明書

 1月18日(火)検査→1月19日(水)18時頃 結果→1月20日(木)10時頃 証明書

 1月19日(水)検査→1月20日(木)17時頃 結果→1月21日(金)10時頃 証明書

 1月20日(木)検査→1月21日(金)18時頃 結果

 

Q. 無料検査の予約がいっぱいなら、自費でも良いから受けたいんですが?(1/21記載)

 A. 検体採取のためのスペースは、一人ごとに消毒して使用するために、予約をいただいています。

無料検査の予約がいっぱい=検体採取の作業をするための枠がいっぱいとご理解ください。

申し訳ございませんが、感染対策のために、管理しながら運用しますので、ご理解のほど、お願いいたします。

 

 

【PCR検査】と【抗原検査】

Q. 抗原定性検査とは?

A. PCR 検査法は、ウイルスの遺伝子を調べます。抗原検査では、ウイルスの周りの殻が体内にあるかどうかを調べます。

※PCR 検査は優れた方法で、今回、無料で受けることができるので、この機会を利用していただきたいです。しかし、上記のように、検査会社に依頼する都合上、検査受付時間に制限があります。そのため、当薬局では、PCR 検査受付時間外に受けられる検査として、抗原定性検査をご案内します。

 

 

Q. 検査法の違いは?

A. 

【PCR 検査】・・・ウイルスの遺伝子を調べる検査方法

 (長所)少量のウイルス遺伝子を見つけることができる.正確.

 (短所)専門の機器と熟練した検査員が検査しないといけない.時間がかかる.高額

【抗原定量検査】・・・ウイルスの外殻タンパク質の量を調べる検査方法

 (長所)定性検査よりも少量のウイルス量でも検出できる

 (短所)測定に時間がかかる(現状では、PCR 検査と同じく翌日の結果判明です)

【抗原定性検査】・・・ウイルスの外殻タンパク質が存在するかを調べる検査方法

 (長所)簡単にできる.その場で判定できる(キット毎に異なり、15分〜30分)

 (短所)ウイルスが少量のみ体内にある場合、PCR法より、見逃す可能性が少し高い 

 

 

 

【抗原定性検査】

Q. 抗原定性検査はいつでもできるのか?(1/11記載)

A. 大丈夫なのですが、15時までは PCR 検査の受付で手一杯なので、「15時以降のみに抗原定性検査を受け付け」と、させてください。

 

 

Q. 検査キットは、医療用か?

A. はい。薬局で取り扱い可能な、医療用抗原定性検査キットを使用しています。 (1/11記載)

 

 

Q. 前に使用した製品と、判定時間が違う。(1/11記載)

A. はい。メーカー毎に、使用方法や判定時間は異なります。

 

 

Q. 簡易キットは、オミクロン株にも対応しているのか?(1/11記載)

A. 神奈川県ホームページ内の抗原検査キット紹介ページの中に記載されていましたので、そちらをご確認願います。

 

 

 

【制度について】

Q. 無料検査は一人1回だけしか受けられないのか?

A. いいえ。ただし、無料検査の制度では、1ヶ月に3回程度までを想定しています。それ以上の回数、検査を受けられる場合は、検査が必要な事情をお伺いすることがありますので、ご理解願います。

特別な事情は、長崎県に問い合わせて回答させていただきます。

 

 

Q. 症状がある場合は、無料検査を受けることはできないのか?(1/11記載)

A. はい。この長崎県の無料検査事業は、「無症状の方」「県内にお住まいの方」が条件になっています。

もし、この条件に当てはまらない方の場合は、「自費検査」であれば、検査を受けていただくことは可能です。

検査実施場所の中から、自費検査を実施しているところにご確認ください。

「専用ブース」のところが安価なようです。郵送検査でも3000円程度で検査可能なところもあります。

 

 

Q. 職場で陽性の人がいた。自分は検査必要か?(1/17記載)

A. こちらでは、検査が必要か否かの判断はできません(医業にあたるため)。

「検査をしたい」という方の要望を受けて、検査受付の機会を提供しています。

ただし、濃厚接触者に該当すると考えられる場合、濃厚接触者に対しては、保健所から調査が参りますので、まずは、保健所からの指示を待ってください。

もし、濃厚接触者には該当しないため保健所では検査しない、など言われた場合には、無料検査書に検査を相談なさってください。 

参考)長崎県 >濃厚接触者のみなさまへ(pdf)

 

 

Q. 県外に住んでいる人が長崎に来た時に、無料検査は受けられますか?(1/18記載)

A. いいえ。

今回の無料検査の事業は、「無症状」で「県内にお住まいの方」を対象にしたものですので、受けていただくことはできません。

検査可能な方法は以下の通りです。

・現在、お住まいのところで、無料検査が実施されていれは、そちらで受検する

・自費検査を受ける

・症状がある場合:医療機関にあらかじめ電話した上で相談する(検査・診療医療機関が公開されています)

 

Q. 2月以降に予約を取りたい(1/21記載)

無料検査の制度は、現在、1月31日までの予定です。その後のことは、長崎県から発表されたら、それにしたがって行います。そのため、2月以降の予約は、現在のところ、お受けすることができません。

申し訳ございませんが、ご理解のほど、お願いいたします。

 

 

【検査後の対応について】

Q. もし、検査をして、「陽性」だったらどうしたらよいの?(1/13記載)

A. 以下の、①→②→③の順にご相談ください。

①かかりつけ医に電話で相談する

②かかりつけ医がいない場合:診療・検査医療機関に電話で相談する

長崎県受診・相談センターに相談する

参考)長崎県のホームページ >新型コロナウイルス感染症かな?と思ったら

 

医療機関が PCR 検査陽性の検査結果を受けて、「発生届」を保健所に提出すると、登録されます。

無料の PCR 検査も、きちんと臨床検査の専門機関で検査しています。

「無料の PCR 検査で陽性だった」ことを、お伝えいただくと、すぐに発生届が提出できます。

医療機関に相談する時は、必ず、「無料の PCR 検査で陽性だった」ことをお伝えください。

 

【自宅療養後の検査】

Q. 自宅療養後、職場復帰のために、PCR 検査を受けたい。(1/21記載)

A. 新型コロナウイルス感染症で PCR 検査陽性だった方で、無症状のため、自宅で療養された方は、PCR 検査の検体採取日から10日間は、自宅で療養となります。(厚生労働省通知

もし、最初は無症状だった人が、途中で症状が出た場合、症状が出た日を発症日として、療養期間が延長されます。

10日間が経過したら、職場復帰可能です。

保健所か健康観察を行い、その方の状態を判断した上で、療養解除可能と判断されているので、職場に陰性証明を提出する必要はありません。(参考:厚生労働省 HP Q&A 10. 問7

これまでの国内外の知見から、発熱などの症状が出た日から7日〜10日たつと、感染性は急激に低下し(他の人にはうつる可能性は極めて低い)、たとえ、PCR 陽性となる状態でも感染性は極めて低いことがわかってきました。

そのため、保健所の対応としては、療養解除前には PCR 検査は実施されていません。(参考、岡山県 HP

この場合、PCR 検査では、ウイルスの死骸からも、ウイルスの遺伝子が検出されるため、感染性はないが、PCR 検査陽性になる状態だと考えられています。

 

 

 

(随時、更新します)

 

202201 新型コロナ無料検査.jpg