薬局からのお知らせ

こはく堂薬局からのお知らせ

 

 当薬局における基本方針など、情報公開としてお伝えします。ご不明な点はお問い合わせください。

 

〇 個人情報保護に関する基本方針 (詳細はこちら)

 

〇 来局時のお願い (詳細はこちら)

 

〇 領収書 (詳細はこちら)

  

〇 薬局で支払う医療費について (詳細はこちら)

 

 

提供するサービスの概要

 

〇 保険調剤

 当薬局は、厚生労働大臣が認める基準を満たし、調剤基本料1の算定が認められている保険薬局です。当薬局は、どの保険医療機関の処方せんでも応需します。

 

〇 取扱い可能な公費負担医療

 当薬局は、生活保護法、感染症法、障害者自立支援法、原爆被爆者援護法などの各種公費負担医療のほか、労災保険にかかる処方せんも受けつけます。

 

〇 保険調剤明細書 (詳細はこちら)

 

〇 薬歴

 当薬局は、患者さんの服用薬剤の種類や服用経過などを記録した「薬剤服用歴の記録」(薬歴)を作成し、薬剤によるアレルギーや副作用の有無、服用状況などを確認しています。また、複数の病院・診療所から薬剤が処方されているような場合には、服用薬剤同士の重複や相互作用について、確認を行っています。

 

〇 薬剤情報の提供

 

 当薬局は、服用薬剤の名称と効能、服用方法及び使用にあたってご注意いただきたい点などを文書にして提供します。また、薬剤の服用歴を経時的に記録した専用の手帳(お薬手帳)の活用をおすすめしています。

 

参考)「お薬手帳」とは?お薬手帳の説明は、こちらのページをご参照ください。

 

〇 後発医薬品 (詳細はこちら)

 

 当薬局は、後発医薬品(ジェネリック医薬品)が使用可能な場合は、その使用促進に積極的に対応し、後発医薬品調剤体制加算の算定が認められています。医師の指示がある場合を除き、患者さんのご希望により後発医薬品に変更できます。なお、医薬品によっては該当する後発医薬品が販売されていない場合もありますので、ご了承ください。詳細は、薬剤師にご相談ください。

 

参考)「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」とは? ジェネリック医薬品の説明は、こちらのページをご参照ください。

 

〇 かかりつけ薬剤師

 当薬局では、安心して薬を使用していただけるよう、患者さんの「かかりつけ薬剤師」として、使用している薬の情報を一元的・継続的に把握する取り組みを行っています。ご同意いただけた患者さんには、かかりつけ薬剤師が対応します。

 

参考)「かかりつけ薬剤師」とは?  かかりつけ薬剤師・薬局についての説明は、こちらのページをご参照ください。

 

〇 在宅訪問

 当薬局では、処方せん等による医師の指示に基づき、在宅で療養されている患者さん宅を訪問して服薬や管理等の指導を行います。在宅患者調剤加算の算定が認められています。また、在宅で療養されている患者さんに、医師の指示に基づき、医療材料及び衛生材料を供給します。

 

〇 居宅訪問

 

 当薬局では、介護保険に関して、要介護状態又は要支援状態にあり、処方せん等による医師の指示に基づき、利用者の居宅を訪問し、服薬や管理等の指導を行います。指定居宅療養管理指導事業者の認定を受けています。

 

◯ 医療用医薬品の取り扱い

 当薬局では、正規の医療用医薬品卸売業者(日本医薬品卸売業連合会会員企業)から、医療用医薬品を購入しています。

 

平成29年10月1日

 

(追記)

レジ袋有料化に伴う、薬局での対応(2020年7月以降)