最近更新した投稿

2017-10-01 09:00:00

処方せん調剤

 医師が発行した処方せんの指示に基づき、薬剤師が薬の量や飲み合わせを確認した上で、薬を取り揃え、さらに、薬の飲み方、使い方、注意事項などをお伝えするところまでを、「調剤(ちょうざい)」といいます。

 以下の事項について、詳細を、個々のページでご説明します。

 

 

〇 服薬指導 (詳細はこちら)

 

薬歴 (詳細はこちら)

 

〇 保険調剤明細書 (詳細はこちら)

 

◯ 薬剤情報提供書 (詳細はこちら)

 

◯ お薬手帳 (詳細はこちら)

 

◯ 深夜・休日対応 (詳細はこちら)

 

◯ ジェネリック医薬品 (詳細はこちら)

 

◯ 処方せんの使用期間 (詳細はこちら)

 

 

・・・・・Q&A・・・・・

 

Q. 処方せんは、どこの薬局に持っていったら良いの?

 

A. どの薬局でも大丈夫です。

 

薬局には、どこの処方せんにも対応する義務(「応需義務(おうじゅぎむ)」といいます)があります。基本的には、どの病院や診療所の処方せんでも、薬局は受け付けています。

もちろん薬剤師にも個性や専門性が異なります。この人なら信頼できる、と思える薬剤師をかかりつけに決めておくことはおススメです。専門性診療科ごとに、ここは誰、ここは誰と決めておいても構いませんが、その場合、薬の飲み合わせを確認できるように、お薬手帳で情報を持ち歩いて頂くことが、大変、重要です。

 

例外)中には、取り扱いに際して、許可が必要な医薬品があります。その場合、許可を受けている薬局でしか、調剤をすることはできません。

せっかく、処方せんを持っていったのに、そこの薬局では取り扱えない、という事態が起こらないように、かかりつけの薬局との間で、新しい医薬品が処方されたときには、事前に電話確認したり、病院のFAXコーナーで確認したりすることをオススメします。

 

!注意! 処方せんの有効期間は、発行後日間です

上記の通り、基本的には、どこの医療機関の処方せんでも、どこの薬局でも調剤を受けることが可能です。ただし、期限は有限です。処方せん発効後、時間経過によって病態が変わるため、処方せんには、有効期間が4日間と定められています。

後で、薬局に行こうとお考えの場合、期限には、十分にご注意ください。

 

 

 

参考になるサイトのご案内)

「政府広報オンライン」に、薬のことが、一般の方にもわかりやすくまとめてあったので、そちらをご紹介します。

詳細はこちら> 知っておきたい クスリのリスクと、正しい使い方

詳細はこちら> 安心してご利用ください ジェネリック医薬品