最近更新した投稿

2023-01-18 12:00:00

錠剤嚥下障害のトレーニング

錠剤が飲めないというご相談、子供さんだけのことではありません。

大人の方でも悩んでいらっしゃる方は多いです。

 

実際に、「錠剤」「飲めない」「練習」といった検索ワードで、当薬局のページに辿り着いた方も多くいらっしゃいます。

私も、これまで「噛んじゃダメ」しか、言っていない気がしたので、何かできれば、と勉強中です。

 

いくつかトレーニングも行われていますので、ご紹介したいと思います。

 

=====

【注意事項】病気のために嚥下障害がある方は、必ず主治医等に相談してください。

絶対に、自己判断で試さないでください。

この方法は、嚥下機能は正常だが、「苦手」と感じている方向けの方法です。

大人の方で、普段、固形物の食事を食べるときには、嚥下には問題がない方が読むことを想定して紹介しています。

=====

 

 

① pop-bottle 法

 

練習に使うもの:

 ・空のカプセル

 ・スクイズボトル(スポーツドリンクなどに使われる、ボトルを握り中の飲料を押し出す容器)

 (スクイズボトルがなければ、ストロータイプのボトル)

food065.png 

イラスト引用元)https://free-icons.net/

 

<ポイント>

・好きな飲料(自分で選ぶ)

・小さいカプセルから始める もしくは 小さいお菓子(自分で選ぶ)

 (参考論文では、長径が15mmの3号カプセルを使用)

・練習に対して前向きにリラックスして取り組めるような声かけ

・一緒にいる人が、してみせる

・優しい声かけ

・できたら褒める

※参考論文では、子供を対象に、このトレーニングをしているので、子供さんの好きな飲料ですること、できたら褒めること、をポイントして挙げてあります。

 

 ーーーーー

<方法>

 

1. カプセルを舌の真ん中あたりにのせる

 ※頭は真っ直ぐ前を向いたまま。上を向いたりはしない。

 

2. スクイズボトルに唇をピッタリつける。

 ボトルを握って(飲料を出して)、ごっくん(3回)

【重要】頭が真っ直ぐ前を向いたままの姿勢が、むせずに嚥下しやすい姿勢です。

 

※うまくいっても、すぐに大きいカプセルにしない。小さいカプセルで、何度か練習する。

ーーーーー

 

参考)

Tse Y et al. The KidzMed project: teaching children to swallow tablet medication. Arch Dis Child. 105 (11), 1105-1107 (2020). doi: 10.1136/archdischild-2019-317512