最近更新した投稿

2017-10-01 09:00:00

処方せん調剤/薬剤情報提供書

トップページ >薬局・薬剤師とは? >処方せん調剤

 

 薬局では、お渡しする医薬品について、薬の外観(写真)・飲み方(使い方)・注意事項などが記載された薬剤情報提供書をお渡しします。手元において、ご確認ください。

 ただ、記載している情報は一般的なものですので、患者さんの一人一人の状況には合っていないこともあり得ます。そこで、医療従事者の出番です。ご不明な点は、いつでもご連絡ください。

 

line_enogu2_orange.png

 

 

【制度の解説】

薬剤師は、医師又は歯科医師から交付された処方せんにより調剤した薬剤を適正に使用していただくため、患者さん(または、看護にあたる方)に対して、必要な情報を提供し、または、必要な薬学的知見に基づく指導を行うことが義務付けられています。

関連する法律:「薬剤師法」第二十五条の二

関連する法律:「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(医薬品医療機器等法)第九条の三 ※薬局開設者が勤務薬剤師に行わせる義務

 

「必要な情報」とは以下の通りです。

 (1)医薬品の名称

 (2)有効成分の名称、分量

 (3)用法、用量

 (4)効能、効果

 (5)使用上の注意のうち、保健衛生上の危害の発生を防止するために必要な事項:副作用の初期症状と対処法、併用に注意すべき薬など

 (6)その他、薬剤師が必要と判断する事項:薬の保管方法など

関連する法律:「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則」第十五条の十二

 

これらの事項をお伝えするために、薬局では、服薬指導とともに、薬剤情報提供文書などを発行しています。(薬局によって、薬剤情報提供文書を発行したり、薬袋に記載したり、情報提供する手段は異なります)

処方せん調剤/薬剤情報提供書

2017-10-01 09:00:00

処方せん調剤/電子お薬手帳

トップページ >薬局・薬剤師とは? >処方せん調剤 >お薬手帳 >電子お薬手帳

 

電子お薬手帳

 これまでは、紙のお薬手帳が主流でしたが、近年では、電子版のお薬手帳ができました。

 電子お薬手帳は、お手持ちのスマートフォンなどに、お薬の情報を保管し、髪のお薬手帳と同様に活用するために作られたものです。電子版ですので、情報を端末内、もしくは、クラウドに保管することで、万が一の災害など、様々なシーンでの利用も期待されています。

 お薬手帳アプリは、いろんな会社から作られていますので、アプリの利用規約を確認していただいた上で、選んでください。

 smartphone.png

◯ 電子お薬手帳の基本的な使い方(詳細はアプリによって異なります)

(1)アプリをダウンロード:Google Play や Apple Store から検索してください。

(2)基本情報を設定:年齢や性別、アレルギー・副作用歴を入力してください。

(3)医薬品情報を入力:入力方法には、自動入力、QR コード読み取り、手入力などの方法があります。

自動入力:アプリと契約している薬局が利用可能な方法で、処方薬の情報を、クラウドを介して、薬局のパソコンから、患者さんの携帯端末に送るものです。

QR コード読み取り:薬局が、処方薬の名前・用法・注意点を記録した QR コードを発行しますので、カメラで読み取って入力してください。薬剤情報提供書などに QR コードを印刷している薬局もあります。(処方せんに印刷されているコードとは異なります)

手入力:対応していない薬局や病院からの医薬品については、テキスト入力や写真を撮って記録することができます。

 

◯ 電子お薬手帳のメリット

(1)家族全員の情報が管理できる:利用者管理機能により、複数の ID を管理することができるので、1台のスマートフォンの中に、家族全員の情報を管理することができます。

(2)緊急時に情報を携帯できる:災害時や救急時などのお薬手帳を携帯していない時でも、スマートフォンを携帯しておくと、服薬中の医薬品の情報を正確に知ることができるため、万が一の時も安心です。

(3)付加サービスの利用:アプリによっては、薬局とメッセージのやり取りをしたり、服薬時間を忘れないようにアラート設定が可能なものもあります。

 

◯ 電子お薬手帳の注意点

(1)どこの薬局・医療機関でも利用できるか:多くの薬局では、医薬品の情報管理にパソコンを使用しているため、QR コードの発行が可能です。さらに、JAHIS 電子版お薬手帳データフォーマット対応、もしくは、e 薬 Link (*)対応のアプリは、汎用性は比較的高いです。

しかし、病院などは、対応していないことも多いため、入院時などは、紙のお薬手帳を持参する、もしくは、紙に出力しておくなどの工夫をすることが必要です。

(2)データの二次利用:二次利用というのは、例えば、「高血圧の薬を飲んでいる人に、あるサプリメントの広告を送る」などというように、処方情報を利用するもので、必要な方には、便利といえますが、注意が必要です。(二次利用する場合は、アプリの規約に明記されています)

(3)データの保存期間:初期設定だと、クラウド内のデータ保存期間が1年のことがあるので注意が必要です。

(4)緊急時:ご本人が救急事態の場合、携帯端末にロックがかかっているため、必要な情報を参照できないことが起こり得ます。そのため、常用薬がある方は特に、以下のいずれかの方法を併用することをお勧めします。

・紙のお薬手帳と併用する

・かかりつけの医療機関の名前を書いた紙を財布に入れておく

・家族の中で、複数人で情報を共有しておく

(5)機種変更:端末内のみにデータを保管して置いた場合、機種変更の時には注意が必要です。アプリごとに、あらかじめデータの移行方法をご確認しておいてください。なお、クラウドに保管して置いた場合、データの引き継ぎは比較的容易に行うことが可能です。 

 

(*)e 薬 Link(公社)日本薬剤師会が提供する、異なる電子お薬手帳アプリの内容を相互に閲覧することを可能にする仕組みです。

 

 ◯ 電子お薬手帳

日薬 e お薬手帳: (公社)日本薬剤師会が提供する電子お薬手帳アプリ。e 薬 Link に対応しており、データの二次利用はありません。

 

line_enogu2_orange.png

 

〇こはく堂薬局からのお知らせ

これまで、当薬局では、日本薬剤師会が提供するアプリである、日薬 e お薬手帳をおすすめしていましたが、このアプリはリニューアルされました。今後は、日本薬剤師会、STNet、ドコモが提携するアプリに引き継がれました。

つきましては、いままで、日薬 e お薬手帳を使用していただいていた方は、新アプリへの引継ぎをお願いします。

新アプリへの引継ぎ:アプリに表示されるやり方に従って操作すると、今までの情報を引き継ぐことができます。

d アカウント:サーバーにデータを保管するときに使用します。d アカウントがない方もご利用いただけますが、d アカウントがあるとバックアップが残せるので安心です。

2017-10-01 09:00:00

処方せん調剤/お薬手帳

トップページ >薬局・薬剤師とは? >処方せん調剤 >お薬手帳

 

 お薬手帳とは、薬局などで発行する手帳で、処方された医薬品の名前・用法・注意事項などの情報と、過去のアレルギー歴や副作用の経験の有無と合わせて、経時的に記録するための手帳です。現在ご使用中のお薬はもちろん、過去に使用されたお薬の情報が手帳に記録されているので、いつでもご自身のお薬に関する情報を容易に確認することができます。

 お薬手帳を活用することで、飲むことができない薬(アレルギー歴や副作用歴などから)を確認し、複数の医療機関や診療科から処方された医薬品の情報を一元的に管理することで、お薬の重複や飲み合わせ(相互作用)のチェックが可能になるので、より安心して医薬品を使用していただくことができます。

 お薬手帳は「命を守る手帳」です。

okusuri_techou.png

 line_enogu2_orange.png

 

【お薬手帳活用法】

(あなた)

 ・医療機関(病院・診療所・歯科診療所・薬局)で見せてください。市販薬の購入時にもご提示ください。

 ・他にも、症状や体温など、症状の推移を記録しておくと、医師に伝える助けになります。

 

(医療機関)

 ・アレルギー歴や副作用歴を見て、副作用の予防に努めます。

 ・他の医療機関で処方された医薬品を見て、相互作用が起こらないように務めます。

 ・処方された医薬品の名称を記録します。

 ・他にも、今までに使用した医薬品の記録が、治療法を決める助けになることもあります。

 

【プラスαの活用術】

 ・実際に、災害の時に、これまでの治療の記録を把握し、迅速に必要な薬を手に入れるために役に立ちました。

 ・お薬手帳は緊急時にも役に立ちます。救急搬送の時には、持参することが望ましいです。家の中で、わかりやすい所に置いておくと、救急隊員も参照しやすいので便利です。

 

 具体的な内容は、こちらのページからご参照ください。

 

 トップページ >薬局・薬剤師とは? >処方せん調剤 >お薬手帳 >お薬手帳活用術

line_enogu2_orange.png

 お薬手帳のサポートアイテムも合わせてご活用ください。

 ・症状記録表

line_enogu2_orange.png

 

 

 C_1npa.jpg

 

line_enogu2_orange.png

 

電子お薬手帳

 近年、情報を携帯しやすいように、アプリ版の電子お薬手帳も活用されつつあります。

 詳細のご説明は、こちらのページからご参照ください。

 トップページ >薬局・薬剤師とは? >処方せん調剤 >お薬手帳 >電子お薬手帳

 

line_enogu2_orange.png

 

お薬手帳を見せていただくと、自己負担金額が安くなることがあります。(平成30年4月1日以降)

安心・安全の医療のため、そして、ちょっと節約のためにも、お薬手用の活用をお願いします。

医療費制度の詳細は、こちらのページで説明しています。

 

line_enogu2_orange.png

 

参考ページ)

お薬手帳に関連する医療制度(ホームページ内の関連記事にリンク)

・お薬手帳活用事例 (東京都薬剤師会のホームページ内の記事「くすりの説明書とお薬手帳」にリンク)

line_enogu2_orange.png

【制度の解説】

〇お薬手帳

(これまでのながれ)

改正の要点:特に下記のポイントについて制度改正が行われています

 ・手帳による情報提供を、薬歴に基づく服薬指導の評価に含めるのか・別にするのか

 ・患者年齢に応じた対応の評価

 ・手帳交付の有無の評価

 ・手帳持参の有無の評価

(1)2000年(平成12年)薬剤情報提供料1(15点)新設:患者さんの求めに応じて、薬剤の名称、用量、用法、相互作用、服用上の注意点を、経時的に記録できる手帳に記載することが、診療報酬上で認められました

(2)2004年(平成16年)薬剤情報提供料1(15点→17点)

(3)2006年(平成18年)薬剤情報提供料へと、名称変更され、17点→15点に減点

(4)2008年(平成20年)後期高齢者に関しては、薬剤情報提供料が薬剤服用歴管理指導料に包括:薬歴で管理することと手帳を発行することは、一括して必要なことと認められました→ただし、2010年には廃止され、全年齢で薬剤情報提供料が算定できるようになりました

(5)2012年(平成24年)薬剤情報提供料が薬剤服用歴管理指導料に包括され、「患者の求めに応じて」の文言が削除されました

(6)2012年(平成24年)乳幼児(6歳未満)に対する加算が設けられました

(5)2014年(平成26年)薬剤情報提供料が、手帳交付ありの場合41点、手帳交付なしの場合34点になりました

(6)2016年(平成28年)薬剤管理指導料が、手帳持参の場合38点、それ以外の場合50点になりました

 現在では、お薬手帳を活用した情報に基づく服薬指導を行うことが、患者さんに対して金銭的にもメリットとなるように、手帳を持参した場合に、算定点数が低くなるような制度になりました(調剤基本料1以外の場合を除く)。その結果、自己負担金としては、手帳を持参していただくと、10円から40円ほど、安くなります。

 

〇災害時のお薬手帳の活用事例

阪神淡路大震災や中越地震等の大震災の教訓から、2005年(平成17年)に処方せん医薬品の販売における例外事項が定められました。その内容は、大規模災害等のとき、医師等の受診が困難な場合、又は医師等からの処方せんの交付が困難な場合に、薬剤師が患者に対し、お薬手帳でこれまでの服用状況を確認したうえで、必要な処方せん医薬品を販売することが例外的に認められることになりました。

東日本大震災の時には、実際に、例外規定に基づく対応も行われました。医療機関も被災する中、お薬手帳の情報は、非常に貴重な情報となり、必要な医療を継続するために、大切な役割を担いました。

普段から医薬品情報を管理しておくことの重要性を、改めて痛感しました。

 

ーーー

2019.03.26. 【制度の解説】を追記しました。

2017-10-01 09:00:00

処方せん調剤/服薬指導

トップページ >薬局・薬剤師とは? >処方せん調剤 >服薬指導

 

 医師の処方せんに基づいて調製した医薬品を渡すとともに、医薬品を使ううえで必要な注意事項などをお伝えすることを、服薬指導といいます。

 

 指導とはいいますが、実際に薬を飲んだり使うのは患者さんご自身です。患者さんが、正しく理解して、主体的に治療に取り組んでいただけるように、薬剤師がお手伝いをしたいと考えています。そのために、服薬指導は非常に大切に考えている業務のひとつです。

 

 これは、例え、うがい薬1本だけ、塗り薬だけであっても、お伝えしたい注意事項があります。そのために、いくつか質問をさせていただくこともあります。なにとぞ、ご理解を願います。

 

初回質問票

 薬を安全に使用していただくために、来局されたときにいくつか質問をさせていただくことがあります。以下の事は、薬物治療のために、とても大切な事項ですので、新しく医療機関にかかるときや、状況が変わった場合は、必ず、医療機関に伝えてください。医療機関では、お伺いするために、初回質問票を作成して、それに記入をお願いすることもあります。

 

副作用歴:薬を飲んだり使ったりして、副作用(じんましんなど)がでたことはありませんか?

アレルギー歴:食べ物などのアレルギーはありませんか?

病歴:これまでに大きい病気をしたことはありませんか?今、治療中の病気はありませんか?

飲み合わせ:今、他に薬を飲んだり使っていたり、常用しているサプリメントや健康食品はありませんか?

女性の方:現在、妊娠や授乳はされていませんか?

体質:あてはまるような体質はありませんか?(胃が弱い、便秘しやすい、下痢しやすい など)

生活:生活や仕事の環境であてはまるものはありませんか?(夜勤がある、高所など危険作業に従事している、飲酒・喫煙の習慣がある など)

 

※ただ、具合が悪いために、伝えることができない場合もあります。それに備えて、あらかじめ必要な事項を、お薬手帳に記入していただくと安心です。参考までに、記入用紙(下記画像の内容)のデータを配布します。印刷してご利用ください。

初回質問票/お薬手帳.png

pdf 初回質問/お薬手帳.pdf (0.07MB)

2017-10-01 09:00:00

処方せん調剤

 医師が発行した処方せんの指示に基づき、薬剤師が薬の量や飲み合わせを確認した上で、薬を取り揃え、さらに、薬の飲み方、使い方、注意事項などをお伝えするところまでを、「調剤(ちょうざい)」といいます。

 以下の事項について、詳細を、個々のページでご説明します。

 

 

〇 服薬指導 (詳細はこちら)

 

薬歴 (詳細はこちら)

 

〇 保険調剤明細書 (詳細はこちら)

 

◯ 薬剤情報提供書 (詳細はこちら)

 

◯ お薬手帳 (詳細はこちら)

 

◯ 深夜・休日対応 (詳細はこちら)

 

◯ ジェネリック医薬品 (詳細はこちら)

 

◯ 処方せんの使用期間 (詳細はこちら)

 

 

・・・・・Q&A・・・・・

 

Q. 処方せんは、どこの薬局に持っていったら良いの?

 

A. どの薬局でも大丈夫です。

 

薬局には、どこの処方せんにも対応する義務(「応需義務(おうじゅぎむ)」といいます)があります。基本的には、どの病院や診療所の処方せんでも、薬局は受け付けています。

もちろん薬剤師にも個性や専門性が異なります。この人なら信頼できる、と思える薬剤師をかかりつけに決めておくことはおススメです。専門性診療科ごとに、ここは誰、ここは誰と決めておいても構いませんが、その場合、薬の飲み合わせを確認できるように、お薬手帳で情報を持ち歩いて頂くことが、大変、重要です。

 

例外)中には、取り扱いに際して、許可が必要な医薬品があります。その場合、許可を受けている薬局でしか、調剤をすることはできません。

せっかく、処方せんを持っていったのに、そこの薬局では取り扱えない、という事態が起こらないように、かかりつけの薬局との間で、新しい医薬品が処方されたときには、事前に電話確認したり、病院のFAXコーナーで確認したりすることをオススメします。

 

!注意! 処方せんの有効期間は、発行後日間です

上記の通り、基本的には、どこの医療機関の処方せんでも、どこの薬局でも調剤を受けることが可能です。ただし、期限は有限です。処方せん発効後、時間経過によって病態が変わるため、処方せんには、有効期間が4日間と定められています。

後で、薬局に行こうとお考えの場合、期限には、十分にご注意ください。

 

 

 

参考になるサイトのご案内)

「政府広報オンライン」に、薬のことが、一般の方にもわかりやすくまとめてあったので、そちらをご紹介します。

詳細はこちら> 知っておきたい クスリのリスクと、正しい使い方

詳細はこちら> 安心してご利用ください ジェネリック医薬品

1 2 3