最近更新した投稿

2020-05-26 16:00:00

こはく/後発医薬品の調剤

後発医薬品の調剤に関する基本方針

 

当薬局では、

 

・お薬代の負担が軽くなる(患者負担金の軽減)

・医療費を抑える(医療財政の改善) ため、

 

 ジェネリック医薬品を積極的に採用しています。

 

オーソライズド・ジェネリック(AG)がある場合は、AG を積極的に採用しています。

 

line_enogu2_orange.png

 

 

 

①ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは

ジェネリック医薬品について解説したページ(https://kohakudo589.com/info/1929925)をご覧ください 

 

 

②当薬局における基本的な対応

 

<ジェネリック医薬品(後発医薬品)を調剤する場合>

 

(1)処方せんに、後発医薬品名が記載されている場合

 

 処方せんに記載されている通りの、ジェネリック医薬品を調剤します。

 (ただし、在庫や調達の問題で、他銘柄になる可能性もあります)

 

 ただし、患者様が先発医薬品を希望される場合、処方医に確認したうえで、先発医薬品に変更できます。

 

(2)処方せんに、一般名で記載されている場合(【般】などの記載があります)

 

 ジェネリック医薬品を調剤します。

 

 この場合、製品の情報(製剤加工の特長や大きさなどが異なるため)、価格、安定流通や調達の問題などを考慮したうえで、適切な製剤を選択します。

 

(3)処方せんに、先発医薬品名が記載されている場合

 

 処方せんに先発医薬品名が記載されているが、「変更不可欄」にチェックがない(=処方医が変更可能である旨を明示している)場合、患者さんのご意向をお伺いしたうえで、ジェネリック医薬品を調剤します。

 

 

<先発医薬品を調剤する場合>

 

(1)処方せんに、先発医薬品名が記載されている場合

 

 先発医薬品を調剤します。

 

(2)処方せんに、一般名や後発医薬品名が記載されている場合

 

 患者様が先発医薬品を希望される場合、処方医に確認したうえで、先発医薬品を調剤します。

 

 

③当薬局における基本的な考え方

 

ジェネリック医薬品おすすめする場合>

 

・オーソライズド・ジェネリック(AG)である場合

AG とは、ジェネリック医薬品メーカーが、先発医薬品メーカーに特許を与えられて、

先発医薬品と、同じ原薬、同じ添加物、同じ製法で製造することができる後発医薬品のことです。

 

・ジェネリック医薬品に製剤上の利点がある場合

先発医薬品が販売されて特許期間が切れるまでの間に、製剤技術は向上しているため、先発医薬品にない特徴を有する製剤も存在します。(例)より小さい、溶けやすい(飲みやすい)、先発医薬品はカプセル剤だが後発医薬品は錠剤など

 

・先発医薬品が高価な場合

 

 

ジェネリック医薬品を使用する場合>

 

・ジェネリック医薬品が存在する医薬品の場合(一般的に)

 

・患者様から、ジェネリック医薬品を希望する旨を伺った場合

 保険証やお薬手帳に、「ジェネリック医薬品を希望します」とのシールが貼付されている場合などは、積極的にジェネリック医薬品を対応しています。

 

 

<基本的に製品変更をしない場合>

 

・特殊な工夫が施された製剤の場合

 徐放製剤など、錠剤の溶け方などに、特別な工夫が施された製剤があります。この場合は、製剤を変更すると”溶け方”が変わる可能性もあるため、慎重に個別対応しています。

 基本的には、先発医薬品をジェネリック医薬品に変更したり、ジェネリック医薬品を他のメーカーに変更したり、極力しないようにしています。(製剤変更はおすすめしていません)

 

・外用薬の場合

 外用薬の場合、主成分以外の添加物にも重要な意味があります。

 例えば、貼付薬の場合、主成分以外の基剤が変わると、剥がれやすさやかぶれやすさが変わる可能性があります。軟膏剤は、水分を吸収するなど、主成分以外には重要な役割があります。

 そのため、基本的には、製剤変更はおすすめしていません。

 

・患者様の状況を考慮した場合

 これまでに副作用歴やアレルギー歴がおありの場合、慎重に個別対応しています。

 例えば、「アスピリン喘息」(解熱鎮痛薬喘息)がある方は、原因物質である解熱鎮痛薬を避けることはもちろんですが、添加物のひとつの、ある色素にも反応する場合があります。そのような場合は、医薬品の添加物にも十分に注意する必要がありますので、製剤変更はおすすめしません。

 

 

当薬局では、患者様のご意向を第一に、医薬品の特長を考慮したうえで、最善の方法を選択するお手伝いをしたいと思っています。 

もし、ご不明な点がございましたら、お問合せください。

 

記事作成日:2020年5月26日

→「こはく堂薬局からのお知らせ」ページに戻る

1